法号とは仏法を護持する、またはしてきた方へ送られる称号をさします。
また戒を持つ人の名という意味で戒名と呼ばれることもあります。
本来は生前に授与されるものでしたが、現在は個人への諡(おくりな)として定着しております。
つまり、戒名はただ単に死者に与えられる名前というだけでなく、
仏教徒として生き抜いた証でもあり、現代では死後送られることが多いため、
生前の人徳をあらわす名前ともいえます。

○法号の意味
 院号
  元は公家に使われた。
  後に武家にも使われるようになり、江戸時代後半には公家・武家のみならず、
  庄屋・網元・豪商などにも使われるようになった。
  現代では地域や社会、仏教教団に多大な貢献をした人物に送られることが多い。
  歴史的に多大な貢献をした人物には「院殿号」が送られることがある。
 道号
  信仰の厚かった人物に送られることが多い。
  日蓮宗の場合、男性には「法」の字、女性には「妙」の字が使われることが多い。
 戒名
  仏教徒として戒を受けたものに必ず送られる。
  日蓮宗の場合、篤信者には戒名に「日」の字が使われることがある。
  これを「日号」と言う。
 位号

  本来、敬称をさすが、年齢によって使い分けられることが多い。
  自立していたかどうか、また社会や教団へ貢献したかどうかにより決められることも多い。
  (例:嬰子・童子・信士・居士)など
  高徳と思われる人物には「大徳」がおくられることがある。
  歴史的に多大な貢献をした人物には「大居士」・「清大姉」が送られることがある。

  
本来、戒名に格はありませんが、時代と共に称号の意味を持ち始め、
また、諡(おくりな)として使われるようになり、
法号として格を表すようになってきたと考えられます。
日蓮宗の場合、戒名の格として最も上位に当たるのが「日号」です。
この場合においての格とは世俗においてであり、宗教教学上、
長い法号も短い法号も同じ戒名であり、受戒という意味において全く差はありません。