○日蓮宗

 
 日蓮宗は鎌倉時代の中期、建長5年(1253)4月28日に開宗されました。日蓮大聖人は生まれ故郷の南房総は清澄山の旭ヶ森で、声高らかに「南無妙法蓮華経」とお唱えし、法華経布教の誓いを立てられたのです。大聖人32歳の時でした。
 
 日蓮宗の御本尊は永遠に生き続けるお釈迦さまです。つまりお釈迦さまの「心」です。法華経の如来寿量品に説かれるお釈迦さまの、いわば「本音」です。この「本音」に帰依(南無)すれば、お釈迦さまの「心」は今も私たちの「心」に生きているということになります。本来この世の中はお釈迦さまの慈悲(心)に包まれたすばらしい世界です。日蓮大聖人はその法華経の世界観を大曼荼羅として顕わされました。

 日蓮宗は、お釈迦さまが説かれた「妙法蓮華経」(法華経)をよりどころとしています。法華経は、古来より「諸経(しょきょう)の王」(すべてのお経の中の王様)といわれております。悪人も山も河も、すべてに仏の種が備わっていると説かれているのです。

 日蓮宗のお寺は、総本山身延山久遠寺をはじめ、小湊誕生寺、池上本門寺等、全国各地ならびに世界各地にまで寺院があり、その数は5300ヵ寺に及びます。これらのお寺を拠点として布教伝道がなされています。その檀信徒の数はおよそ350万人。信仰の中心は身延山です。また、日蓮宗のお坊さんになるのに必ず入らねばならない「信行道場」もこの身延山にあります。

○妙国寺由来

 
 細島港に面した米ノ山の中腹に位置し、南北朝時代の1341年に宰相阿闍梨日郷上人の教導により、薩摩阿闍梨日叡上人が真言宗から日蓮宗に改宗させ、翌年の1342年(康永元年)に妙谷寺と号しました。この年を妙国寺開山としております。1330年頃、細島にお題目が入ってきたのですが改宗に時間がかかったようです。また資料が現存しないため、いつ頃妙谷寺から現在の妙国寺に変わったのかわかりません。史実かどうかわかりませんが島津の殿様が大友家との合戦に際し先勝祈願をしたと伝えられています。島津義久公の法名に妙谷寺とありますので、その頃はまだ妙谷寺だったのかも知れません。他にも、明治維新前に獄死したはずの勤王の志士が実は助けられ、落ち延びて妙国寺で出家していた、とか、西南戦争の際には有栖川宮熾仁親王がお参りした、などの伝承がございます。何も証拠はないのですが、どれも微妙に信憑性のある伝承です。ちなみに真言宗時代のことを記した資料は残っておりませんが、改宗前の御本尊とされる不動明王の木像が現存しております。

 御本尊は開山日郷上人直筆の曼荼羅。また法華経守護の善神である大黒天、毘沙門天、鬼子母神が祀られており、毘沙門天は勇気の神、大黒天は富裕の神、鬼子母神は子育・子宝の神として地域に親しまれています。また境内には厄除けで知られる日蓮大聖人祖師銅像がございます。山門階段両脇には樹齢三百年を超えるイチョウが雌雄であり日向市の保存樹に指定されいます。このイチョウは夫婦円満・良縁成就をもたらすといわれ、興福イチョウ・夫婦イチョウと呼ばれています。

 本堂の南側には背後にそびえる米ノ山や周辺の丘陵から醸し出される自然環境を巧みに利用しながら池や中島それに築山や工作物を巧みに利用して仏教の世界を表現しているといわれる庭園があり、国指定の名勝庭園にもなっております。

 築造時期は本堂が建立された江戸時代の宝暦6年(1756年)とする説や開山当時には既に基礎となる庭園が造られていたとみる説などがあり明らかではありません。